高卒でも働ける、女性エンジニアの姿とは

高卒でも、エンジニアとしてのスキルを磨いていれば採用される可能性はある。
資格や職歴を持っていれば、採用してくれる企業は少なくない。
また、IT業界で働く場合性別はあまり関係なく、女性でも問題なく採用される。
経験が少ない場合でも、高校が情報系の高校ならば新卒で採用されプログラマーとして経験を積み、希望などでエンジニアとなる人も出てくるだろう。

大体の場合は、大卒が中心となる傾向は強い。
基本的にはパソコンスキルに長けており、もちろんプログラミングも学習したり資格を持っている人でないと採用されない。
他社でプログラマーとして経験を積み、その後に転職した人もいる。
もちろん男勝りな人もいれば、ふんわりした女性らしい雰囲気を持っている人もいるので、ルックスや外見からしても色々な人がいるのだ。
ただ、どちらかといえば仕事に積極的で残業も長時間こなす人、自己啓発や資格取得に積極的な人が多い傾向だ。

また、最近では社内SEや事務仕事を兼務する人もいる。
このような人の場合は、女性エンジニアとして働きながら会社の各種事務にも長けていることがある。
実はこのような事務を兼務している人の場合、元は事務で途中からこういった技術を身に着けてきたという人もいるのだ。
ちなみに女性だから、ということで差をつけたりすることはあまりない。
むしろ職種の違いやスキルの違いが大きな待遇や将来的な出世を左右するため、高卒でも活躍して管理系職種になることもある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Help

WordPress theme: Kippis 1.15