高卒エンジニアの仕事経験が活かせる管理職

高卒エンジニアは、学歴の面で大卒と比較して不利な面はある。
しかし、学歴にコンプレックスを感じる必要はない。
大学を卒業していなくとも、十分に稼ぐ事は可能である。
確かに企業などに入社する際には、学歴が壁になる場合がありうる。
大卒の学歴を採用条件とする企業に就職するには、高校卒業では条件が満たせない。

一方で、高校卒業の学歴を持つ技術者が有利であるのは、仕事の経験を多く持つ点にある。
大卒エンジニアに対して、社会に出て働く期間が長い分だけ、仕事を通じての開発経験を豊富に持っている。
このメリットは、管理職に就いてからも活かされる。
これまでに培ってきた仕事の経験が豊富な管理職は、不測の事態に対応できる実力を持つ。
過去に仕事の成功や失敗の経験を多く持つため、なにか仕事上のトラブルが発生した場合にも適切な判断ができる。
高卒の学歴でも管理能力が認められさえすれば、上位の職に就ける。
キャリアアップすれば、比例して年収が増えるために大きく稼ぎが大きくなる。

ただし職場によっては、学歴により賃金格差を設けているケースがある。
そこで高卒エンジニアがもっと高収入を目指すなら、転職して学歴不問の職場に移るのも判断の一つである。
ビジネスの分野では実力主義の職場が増えていて、転職により学歴の壁を越えてもっと稼ぐチャンスがある。
確かに転職にはリスクも付きまとうものの、大きく稼ぐためであればチャレンジしてみるだけの価値がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Help

WordPress theme: Kippis 1.15